RISLONE新商品(オイル上がり、オイル下がり添加剤)

オイル下がりとオイル上がりの見分け方

参考URL:webilio辞書
▼オイル下がり→通常の走行中には白煙は出ないが、始動時、アイドリング時および、アイドリングをしばらく続けた後エンジンをふかした時に大量の白煙が出る。そしてオイル消費の急増。

特にエンジンが冷えている時の始動直後に発生すれば、確実にオイル下がりが発生しています。
またカラブカシや、停止状態からのスタート時に出る場合が多いですので確認できます。

mitumitu

▼オイル上がり→始動時、アイドリング時やエンジン低回転での走行時にはあまり白煙は発生せず、エンジン回転数を上げると白煙が大量に発生する。オイル消費の急増。

友人などに頼んで自分の車のすぐ後ろを走行してもらい、判断してもらうと良いでしょう。単独運転時に全開加速した時に、バックミラーに煙が見えるようでは症状はかなり進んでいると思われ、パワーダウンも確実に進行しているはずです。

オイル下がりの症状

オイル下がりとはシリンダーヘッドからオイルが下がって燃焼室に入って燃え、排気管から白煙を吐く現象のことで、オイル上がりよりもオイル下がりの方が先に起こりやすいということだ。
原因はバルブ(吸排気弁)のステムシールの損傷、劣化と思われる。ステムシールが損傷したり劣化すると、シリンダーヘッドからステムシールを抜けてバルブの軸とバルブガイドの隙間から燃焼室に入ってオイルが燃えるのでオイル消費量が急増して排気管からは白煙が出る。対策としてはシリンダーヘッドを分解してステムシールを新品に交換する必要がある。

オイル上がりの症状

(1)シリンダー、ピストンリング、ピストンのいずれかが損傷したり摩耗して、オイルがクランク室からシリンダー壁を伝って燃焼室に上がって燃えて、排気管から白煙を吐く現象。オイル上がりの症状が出ている場合はヘッドもオーバーホールする時期に来ている場合が多いのでフルオーバーホールした方が良いようだ。(注:シリンダーライナーは2GMにはあるが1GMにはない)

シリンダーの損傷、具体的にはスカッフィング(ひっかき傷)のことだが、それを調べるには、シリンダーヘッドを外してピストンを押し下げて見ればわかる。これはエンジンを艇外に持ち出さなくても出来る。

シリンダーに浅いスカッフィングがある場合はシリンダーの内壁をペーパーで研磨すれば済む(たいがいこれで済むようだ)が、傷が深い場合は専門業者に頼んでボーリングを行った上でピストンをオーバーサイズピストンに交換する必要がある(費用例20万円)。ただし、ヤンマーディーゼルに相談するとオーバーサイズピストンへの交換ではなくシリンダーブロックそのものをまるごと新しいものに交換するよう勧められる(エンジン本体を吊り上げて艇外に持ち出して修理する場合の費用例35万円)が、それだと程度の良い中古エンジンを購入した方が安くつく場合もあるので信頼のおける業者数社から見積もりを取って慎重に判断した方が良い。エンジン本体を吊り上げて工場に持って行って作業するとなると費用も高額になるが、そうしないで艇内でばらして必要な物だけを持ち出して修理してくれる業者もおり、費用にもかなり差がある。

(2)ただし、一時的なオイル上がりの場合もある。
ピストンリングの摩耗やシリンダー摩耗で合い口が開き気味の時、ピストンリングとリング溝にカーボンやスラッジが堆積して固着してしまい合い口が接触している状態になると、リングとシリンダーの隙間が広くなり一時的にオイル上がりが生じることがある。このような場合は固着が外れればオイル上がり症状は消え正常に戻るとのことだから、オーバーホールする前にオイル添加剤を試してみる価値はあるかもしれない。

参考:http://mantenbosi.exblog.jp/23625965

 

RISLONE 新商品 オイル下がり専用添加剤

VALVE SEAL REPAIRバルブ(ステム)シールリペア(今冬発売予定)

44223 JPG

特 徴

・オイル下がりによるオイル消費改善のための画期的なケミカル剤。

・オイル下がりだけでなく、バルブシールの硬化、バルブガイドの摩耗、オイル消費、青白い煙にとって、最も効果的です。

・高分子ポリマーとバルブシールの復元剤が配合され、バルブシールを長持ちさせることができます。

・乗用車、トラック、バン、SUV、3,4,5,6,8,10気筒の車、ディーゼル&ガソリンエンジン、レース用ターボチャージャー付のエンジンにも適用します。

使用の目安・エンジン始動時に、すうっと青白い煙が上がる場合

使用量・エンジンオイル4~6ℓに1本

容 量・500ml/1ケース:4本

RISLONE 新商品 オイル上がり専用添加剤

COMPRESSION REPAIRコンプレッションリペア(発売中)

4445 PNG

特 徴

・オイル上がりを改善するために開発された高分子ポリマー配合の画期的なケミカル剤。

・シリンダーウォール、コンプレッションリング、オイルリングとの密着性を向上し、スクラッチ(かすり傷)などを補修し、馬力を復活させます。

・圧縮率を上げ、エンジンブローバイガスによるトラブルを解決し、摩耗を復活させます。

・乗用車、トラック、バン、SUV、4,5,6,8,10気筒の自動車、ディーゼル&ガソリンエンジンに適用します。

・エンジンオイル交換時に添加してください。

使用の目安・エンジン回転数を高くしたときに青白い煙が上がる場合

使用量・エンジンオイル4~6リットルに1本

容 量・370ml/1ケース:4本

ご購入はコチラ→http://theleak.shop-pro.jp/?pid=94218148

未分類カテゴリーの記事