Dr.Leak (ドクターリーク)

蛍光剤、潤滑剤入り漏れ止め剤

「Dr.Leak (ドクターリーク)」とは、
A/C漏れ止め剤、蛍光剤、潤滑油(PAG)、R134aガス入り
極めて「機能的」かつ「高品質」なプレミアム品です。


ご注意!

Dr.LEAKの箱に記載しています「取扱説明」を守らずにご使用された場合、缶から冷媒ガスと原液が噴出する危険があります。万が一噴出させてしまった場合、目に入ることもあり大変危険です。また衣服や周辺の車両に飛散させることにもなり、ご使用には十分な注意と知識が必要です。再度、こちらの◆ご使用上の注意◆を確認ください。


◆ご使用上の注意◆※まずは箱に記載の取扱説明を確認ください。
①充填時
缶を切る直前に必ず缶を振り、缶を振りながら逆さまの状態で全量充填してください。残量があれば、ガス噴出の恐れがあります。缶をよく振り、全量注入できたことを確認してから、ホースを取り外してください。
②廃棄時
Dr.LEAKの缶を廃棄する際、残量があれば、ガス噴出の恐れがありますので、缶をゴミ箱など安全な方に向けて、中身が無いのを確認してから廃棄してください。
③ケージマニホールドでの充填
Dr.LEAKをゲージマニホールドで注入するのはおすすめしません。使用をご希望の場合は、Dr.LEAKをよく振って、逆さまにし、すぐに缶を開け、振りながら充填させてください。その後、ホース内に残留している成分を充填させるため、134aサービス缶をつなぎ、そのガスで流し込んでください。(※そうしなければ、十分の漏れ止め成分が車に入って行かず、漏れが止まらない恐れがあります。) 安全に注入するために、推奨の透明ホース(TP-3823・LL-DR3823)をご使用ください。ホースが透明で、全量入ったことが確認できます。

以上の注意事項・取扱説明をよくご理解の上、ご使用ください。なお、Dr.LEAKはプロユースでエアコンサイクルの基本を理解した方が作業してください。


☆ご参考:Dr.LEAKの中身について

充填時、缶を逆さにして、よく振ることによって、漏れ止め剤成分とガスが混ざり、ガス圧で上手く充填されます。反対に、使用後残存あれば噴出の恐れがありますので、ご理解の上、十分にご注意ください。


エアゾール缶は簡単、スピーディーで、便利なので、自動車アフター業界でもサービス缶や蛍光剤入りの缶が主流となり利用されています。Dr.Leakエアゾール缶は品質や安全性と、カーエアコンならではの信頼性や経済性を両立させ、なおかつリーズナブルな価格設定、そして日本自動車アフター市場に一番おすすめの商品です。
「Dr.Leak」はカーエアコン業界における信頼のトップブランドを目指し、2018年3月から自動車アフター市場を中心に日本で初めて発売します。
冷媒ガス漏れが発生する際に、その部位の圧力と温度の低下により、冷媒ガス配管の外側から内部の表面まで徐々に集まり、かさぶた状のシール油膜を形成し、冷媒ガスの漏れを止めます。



Dr.Leak特徴

安全性
SAEJ2997規格認定品。ノーポリマー配合
国内外カーエアコン&回収機メーカーによるテスト済み
即効性
注入後15~30分ほどで、0.5mm以下の冷媒ガス漏れはほとんど止まる
永続性
漏れ止め効果、漏れ検知効果は半永久
経済性
従来のカーエアコン修理費用より、はるかに経済的な価格
ブランド性
世界のカーメーカーで新車出荷時に採用されている特許品と純正品を使用

ミニキット

Dr.Leak蛍光剤入り漏れ止め剤 ミニキット

品番:LL-DR100
Dr.Leak蛍光剤入り漏れ止め剤×3本
〈LL-DR1〉
簡易タイプ注入ホース×1本
〈TP-3823〉


使用方法

まずは、エンジンをかけ、エアコンを最低温・風量最大に稼働させ、下記の順に従って、ご使用ください。

専用ホースの場合

  • ①注入ホースの缶切りバルブを反時計回りに回し、缶切りバルブの針を上まであげてください。
  • ②缶切りバルブにDr.Leak缶をセットし、缶切りバルブのリング部分を缶に密着するように、締めてください。
  • ③車両のエアコン低圧側(L)サービスポートに注入ホースのクイックカプラをセットし、缶切りバルブとホースの接続口を冷媒ガスが徐々に開放しながら、ホース内のエア抜きをし、確実に締めなおしてください。
  • ④缶切りバルブを時計回りに廻し、Dr.Leakを逆さまにし、よく振ってからすぐに缶切りバルブを全開にしてください。2分間程度、Dr.Leakを逆さまにしたまま、エアコン圧力で透明ホースなどに残留した漏れ止め剤を吸い込むようにしてください。
  • ⑤全量注入できたら、飛散を防ぐために、ウェスでカバーしながらクイックカプラを外してください。もし飛散した場合はパーツクリーナーなどで素早く洗浄しふき取ってください。

※ご注意点:

①134a、PAG専用です。
電動コンプレッサを搭載したハイブリッド車(HV)と電気自動車(EV)には使用できません。
②過充填にご注意
Dr.Leakの内容物成分合計で60gあります。軽自動車など小さい車、漏れていない車に注入するときは過充填にご注意ください。冷媒能力低下の原因になるおそれがあります。

なお、Dr.Leakはプロユースでエアコンサイクルの基本を理解した方が作業してください。使用においての不具合など一切の責任は負いかねます。

ご質問、お問い合わせは販売代理店、または弊社までご連絡ください。