盛和塾 2021.03.08

実行するは我にあり!

ついに来ました致知4月号!!

書物を手にした瞬間鼻血出そうになったのは、かのサンタフェ以来…。

この雑誌が毎月12万部売れるんだから、日本はほんと良い国。

10倍の120万部売れるようになったら、社会は変わると思いますんで、致知出版社さんぜひ頑張ってください!

調べますと、あんな分厚い文藝春秋が月間で40万部ってすごい!

あれ相当上位層のインテリ軍団しか読まないんでは、、、って購読者の年齢層めっちゃ高そう、ならば、致知が追いつき追い抜くチャンスある!?

 

さて早速特集総リード文を拝読。編集長のパッションには毎月圧倒されるが、今月はさらに熱量を感じます。

実行するは、我にあり、とのこと。

盛和塾に10年所属させていただき、JAL再生も近くに感じさせていただいたり、塾長が立ち向かい、

切り拓いてこられた軌跡を学ばせていただき、今回の特集でもそうですが、圧倒的な器の大きさを感じずにはいられません。

すべてを受け入れ、受け止める大きさ。

社長の器の大きさにしか、会社は成長しない、とのこと。

恐ろしい一言です。

僕にはもはや返せない御恩ですが、実践と結果を示し、少しでも報恩、御送りできればと。

4月号、大切に読ませていただきます。

 

Monobe