ブログ 2022.01.05

ブログ45 明けましておめでとうございます!

2022年・令和4年・皇紀2682年がいよいよスタート!
当社としましては、第1次的な目標到達の年であり、画期的な成長ステージの第1段階の終了地点となります。
ひとえにお客様・仕入れ先様・外注スタッフ様のおかげ様にて、報恩せねばと思います次第。
これを機にまだまだ中小企業レベルではありますが、コロナ禍やら景気の波やらとも適度にお付き合いしつつ、大いに積極投資し、
お客様に弊社製品・サービスを喜んで受け取っていただけますよう、積極展開していきます所存です。
投資の先は、先般ブログにも書きました生駒新事務所を最大に、基幹システムの刷新、新商材もろもろ、展示会出展もろもろや、
社内向けにも給与のベースアップ、査定システム改善、社外取締役採用したり、画期的な新人採用したり、と書いただけで、
いちいち●●万円かぁ、大変やなぁ、と思えるぐらい話題のオンパレード。
というのを経てか知らんけど、最近会社の空気が明るくなったなと感じます。
実は僕らが本当に欲しかったものって、売上利益でもなく、お給料でもなく、明るい雰囲気とか、明日への活力とか、
ミライへの希望とか、信頼で結ばれた間柄とか、心からの祈りとか、やはり定量できないものやと確信的に思ってまして、
明るくなったな、と思えたのは、本当に素晴らしいと思えるんです。
特に若い人がポジティブにイキイキ働いているな、って目にした瞬間はいいですね。
チーム単位でなんかカチドキあげてるみたいな雰囲気やったり、みんなで疲弊してたり、励ましあったり。
ほんま部活みたいでええなぁ、と心から思います。
中小企業経営は、専門性を高め、得意なことみんなで作って深めて、お客さんに喜んでもろうて、どんどん成長するし、
ひょっとしたらめっちゃ楽しいことしてるんやろな、とふと思うんですが、まだまだその境地には至りませんが、
その境地の端っこには立たしていただいてます実感はあり。

22年度は、そういうのにコミットする期にしたいです。まさに変革期。社長業10年経てようやくリークラボ2.0。
そのカギは、みんなで強く願う高くて尊いゴールの設定だと思います。くしくも稲盛経営哲学・経営十二ヶ条第一条「事業の目的・意義を明確にする」であります。
目指すミライを明確に、みんなのパフォーマンスを最大発揮いただき、お客様、業界、社会、ミライへと広げていきます。
まずは新サービス立ち上げと既存ビジネスをASEANへ。
悲しくもまだゴールのしっぽさえ見えはしませんが、ありがたいのは、闇雲でなく、
王道の経営道を真っ直ぐに邁進してまいります。
本当の本当に欲しかったのは、そんな茨の道。武士(もののふ)の道かと。
今年も脱私即的、自己に向き合い、心を高め、経営を伸ばして参ります。

Monobe