『漏れ』研究コラム

COLUMN

『漏れ』研究コラム

カーエアコンの冷媒ガス分析の必要性

はじめに コンプレッサー内部の絶縁性破壊を防ぐため、HV・EVの電動コンプレッサー車のPOEオイル(ND11)に旧来のPAGオイル(ND8)を混入してはならないことは、ゲージマニホールドの使い分けや、最新の高純度で冷媒を…

なぜPAGオイルを湿気から保護する必要があるのか

ドイツのWaeco社のWebページに興味深い、非常に専門的な内容があったので、Waeco社には許可は得ていませんが、公共の役に立つ内容なので、和訳し転載させていただきます。 以下のレポートにより、R1234yfに使用され…

エア漏れ事例①圧縮エアタンク内圧低下の検知

◆エア漏れ探査・検知 ◆エアタンクバルブからのエア漏れ ◆使用感まとめ これまでエア漏れの検査は、エアまわりに石けん水を手当たり次第かける、というもの。 時間がかかり、後の処理もたいへんだった。  マークスマンII導入に…

エア漏れ対策への第一歩

◆はじめに 製造工場におけるエア漏れの問題は、環境を汚染しない、火災の危険性がない、人体に無害、目に見えない、においがない、などの観点から比較的放置されやすい問題です。しかし、節電への関心の高まりを受け、喫緊の課題として…

油漏れは諸悪の根源!?

◆油漏れは諸悪の根源!? オイル漏れによるオイルの消費コストを直接的ロスとして、チョコ停、機械故障、清掃費用または時間、工場火災、土壌汚染、河川・海洋汚濁、油水分離処理費用など、オイル漏れが及ぼす間接的ロスは多岐にわたり…

オイル漏れ事例② 工場内のフォークリフト・特装車向け

近年、工場内での道路へのフォークリフトや特装車からのオイル漏れの問題が、河川・港湾の水質汚濁の観点より、注目されています。とある自動車メーカーでは、構内での車両のオイル漏れを徹底的にゼロにするよう、漏洩事故を起こした会社…

オイル漏れ事例① 蛍光剤での出荷前検査・工程削減

蛍光剤でのオイル漏れ検査のよくある事例として、油圧ポンプやトランスミッションなどの機器の出荷前検査での蛍光剤のメリットについて、詳しく紹介します。 ◆視認性・検査精度の比較 蛍光式法 漏れ箇所が発光するので、ピンポイント…